M&A実務のプロセスとポイント第5回目

今回は、戦術としてのM&Aということについてだった。

M&Aという成長戦略を実行するためには案件を集めなければいけないらしい。そのために、案件獲得の実務フローというのがあった。

意思決定というのが大事らしい。意思決定までのフェーズが少ない方が好ましいが、それよりも重要なのは時間だという。

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関する一連のアドバイスと契約成立までの取りまとめ役を担うM&Aの専門家のことだった。

M&Aのアドバイザーを選ぶときは、複数の企業に依頼しても良いと言っていた。

他の選定のポイントは、実績や現有情報ネットワークとその拡張性や信頼できる人がということだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です