未来予測の技法第5回目

今回は、SWOTによる未来予測についてだった。

SWOTとは、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4つの言葉の頭文字をとった言葉で、この4つを使って分析することだった。

この中のSとWは現状/資源のことで、OとTは未来/環境のことだった。

分析をするとき、強みと弱みのところに同じ事を書いても良いといっていた。

データと知識が集まる仕組みは、
・図書館の利用
・専門家と知り合いになる
・ニュースリリースの確認
などで、これらで得た情報を新聞報道と比較することが必要らしい。

全体的にあまりよく理解できなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です